青森県
地域 東北
都道府県 青森県
道の駅名称  かわうち湖
  (かわうちこ)
住所  青森県むつ市川内町福浦山314
電話番号  0175−38-5108
No.  青森05
MAPコード  
■初めての訪問日 2010-5-28
■地図リンク 地図を表示します
■関連リンク先 道の駅かわうち湖


下北半島での3か所目は、
道の駅かわうち湖 で、これが本州最北端の道の駅になります。



脇野沢の道の駅からこのかわうち湖へ向かう国道338号線、通称 “海峡ライン” は、4月までの冬季は通行止めになります。

従って、この “道の駅かわうち湖” も、11月下旬から4月中旬まで閉鎖されるのです。
青森にはこのような “冬季閉鎖” の道の駅がいくつかありますね。


この海峡ライン、山間部を走りますから急カーブの連続ですが、道路は舗装された2車線ですからこの季節であれば走り易い道路です。

ただ雨上がりで道路には落ち葉や泥が溜まってますから、走り終えた時は白いマーチがこのありさま・・・・。







脇野沢から30分ほどかかりました。

かわうち湖は、河内ダムによって造られた人工湖です。
道の駅はその湖畔にあって、自然そのままの樹々に囲まれてひっそりと建っています。








そしてその周辺がとても静かな “芝生公園” になっています。
その芝生公園のところどころには “句碑” が配置されています。







雨上がりは樹木がいっそう映えるし、この静かな雰囲気が私はとても気に入りました。



そして建物の裏側にあるのがダム湖百選にも選ばれた “かわうち湖” です。








さて道の駅ですが、まわりの雰囲気に似合うロッジ風の建物です。







ここが正面入り口です。


“野平高原交流センター” と書いてあります。







意外と中は広かったのでちょっと驚きました。
男性2人で来ていた中年の外人さんが、青森ヒバの木工品のティッシュ入れを物色していました。


そしてこの建物のベランダからのかわうち湖も、なかなかの雰囲気です。





この時期、お客さんは少なかったのですが、ここはまさに癒しの世界です。


付近には渓谷を巡る全長4.4kmの遊歩道も整備されおり、自然の中でゆったりとした時間を過ごすには最適の場所だと思います。



さて、3日目の道の駅はこの4か所で終了ですが、この時間、14時を少し過ぎたところです。
これから本州最北端 “大間崎” を目指すのですが、その途中 “仏が浦” を次回ちょっとだけご紹介します。





青森県