青森県
地域 東北
都道府県 青森県
道の駅名称  わきのさわ
  (わきのさわ)
住所  青森県むつ市脇野沢七引201-5
電話番号  0175−44−3252
No.  青森04
MAPコード  
■初めての訪問日 2010-5-28
■地図リンク 地図を表示します
■関連リンク先 道の駅わきのさわ


下北半島を横浜町から更に北上し、陸奥湾沿いの “むつはまなすライン” をひたすら走ります。
むつ市近郊から進路を西へ取り、最西端の “脇野沢” の漁港から少し山に入ったところに
道の駅わきのさわ がありました。



道の駅よこはまから距離にして73km、1時間半の道のりは、雨が降ったりやんだりのせいか、実際以上に長く感じました。

途中気付いたことをひとつだけ!

ここは東北北部、北海道と同じく冬場は豪雪地帯です。
北海道の道路は必ず道路の両端に “下向き矢印” のマークがあってどこまでが道路か分かるようになっています。

でも、東北では見かけないね、って話していたら ・・・ ありました。


でもこれは両端ではなくて、中央線のマークなんですね。
どうして北海道は両端で、東北は中央線なのかは、“謎” です!┐( ̄ヘ ̄)┌








ようやく到着!

道の駅がある場所は山の中ですが、道の駅の愛称は “鱈の里” になっています。
脇野沢の町が、漁業を中心に発展した町だからでしょう。


“野猿公苑” という看板があります。
ここには天然記念物指定の 「世界最北限の猿」 が棲んでいて、約50匹のニホンザルが保護されています。

ただ、この先 「大間」 に行く途中の山間部でも何度か野生の猿に出会いましたから、この下北半島自体が 「世界最北限」という意味ではないかと思います。





駐車場から階段を上った、もう一段高い場所に道の駅はあります。



この建物、総ヒバ造りなのだそうです。


.


“いのしし”  “猿”  “鱈” が迎えてくれます。(笑)





上から見ると、深い山の中だとわかりますね。





玄関にこんな言葉がありました。
想像するに、「よくいらっしゃいました。さあ、中に入って下さい」 という意味だと思いますが・・・。





思った以上に中はきれいです。





道の駅の更に山手にはバンガローが見えます。

ここは “山村広場” といって、バンガロー10棟の他、野外ステージ、沐浴路などが整備され、
大自然の中でアウトドアライフを楽しむことができるようになっていました。




青森県