福井県
地域 近畿
都道府県 福井県
道の駅名称  若狭熊川宿
  (わかさくまがわじゅく)
住所  福井県三方上中郡若狭町熊川11号犂頭1-1
電話番号  0770-62-9111
No.  福井06
MAPコード  
■初めての訪問日 2011-04-26
■地図リンク 地図を表示します
■関連リンク先 道の駅若狭熊川宿

琵琶湖を離れ、福井県にやってきました。
道の駅若狭熊川宿 は滋賀県との県境を越えてすぐのところにあります。












国道303号沿いのこの道の駅、住所は福井県の若狭町です。


古代、若狭地方は朝廷に食料を献上する “御食国(みけつくに)” のひとつでした。
日本海側の若狭湾で水揚げされた魚介類を京都へ運ぶこの道を、“鯖街道” と呼びました。





かつてこの地は “浅井長政” が領主として治めていましたが、ここが水産物の物流だけでなく、軍事的にも重要な場所であることから、わずか40戸ほどの寒村であった熊川を宿場町として発展させてきました。


国道303号と並行して走っている旧鯖街道には、歴史的な建造物が数多く残されており、“重要伝統的建造物群保存地区” に指定されています。





この道の駅も、その歴史的建造物にあやかったような、昔ながらの古い日本家屋に統一されています。
正面の建物は情報コーナーと休憩所ですが、スタンプはここにはありません。







白壁のこの建物は “熊川宿資料館” です。
入ってみましたが、街道を馬で物資を運んでいる人形があるくらいであまりぱっとしないような・・・。





その奥に “物産販売所”  “レストラン” があります。







“物産品販売所” に道の駅スタンプは置いてありました。








熊川宿の和傘が気になりました。
他にも気になるものが・・・・・・。





“うそば” というのはうどんと蕎麦を混ぜ合わせたのかな?
“表はうどん、裏はそば” って書いてあるけど、どんな味がするんだろう?








それと、この “へしこ” あちこちの道の駅で見かけたんだけど、ちょっと高いので手が出らず!(^_^;)


若狭や丹後半島の保存食で、鯖に塩をふって、ぬか漬けにしたものらしい。
漁師が魚を樽に漬け込むことを 「へし込む」 と言ったことから、「へし込まれた物」 が略されて “へしこ” といわれるようになったのだそうです。







ここではこんなものも見つけたけど、詳しいことは次の道の駅で!(^〜^)
この右端にいる奴が、いちっばん嫌いなんだよな〜!






福井県