香川県
地域 四国
都道府県 香川県
道の駅名称  源平の里むれ.
  (げんぺいのさと むれ)
住所  香川県高松市牟礼町原631−5
電話番号  087−845−6080
No.  香川18
MAPコード  
■初めての訪問日 2009-7-26
■地図リンク 地図を表示します
■関連リンク先 道の駅源平の里むれ

今日からは、7月26日〜27日で行った四国、香川県のレポートです。

香川県って四国のどこかご存じですか?


四国って、こんな形をしてますね。
この右上の部分が香川県で、4県の中で一番小さい面積です。




今回は初日に10か所、2日目は小豆島にフェリーで渡って3か所をまわったのですが、初日に10か所も行けたのは結構狭い範囲に固まっていて効率が良かったからです。



さて、7月26日、この2日前には福岡は記録的な豪雨で、物的、人的な多大な被害がでました。
天気予報ではこの26日はほぼ天気が回復し 「曇り時々雨」 のはずだったのですが、朝起きたら激しい雨音!

その激しい雨の中をまず新幹線で岡山へ、さすがに連日の雨の影響で新幹線も徐行し岡山へは遅れて到着したのですが、接続の高松行き 「マリンライナー」は待ってくれていました。


折角 “瀬戸大橋” を列車で渡るのですが、雨でなにも見えず!

高松到着は10時少し過ぎていました。



左側が 「マリンライナー」 で、指定席の車両は2階建てになっています。


駅レンタカーで借りた今日の相棒は “フィット” です。
運転もし易くて好きなくるまです。




まず最初に向かったのは、高松駅から20分ほどしか離れていない
道の駅源平の里むれ です。

ここは源平屋島合戦の古戦場として有名なことから、この名前がついています。



駐車場に到着すると、まずお洒落な建物が3棟あります。
この右の二つは男女別の “トイレ” でした。

一番左が “情報ステーション” で、ここには大型液晶テレビやインターネットへの接続環境があります。

道の駅の本体はどれだ?と思っていたら、この裏側に大きな建物がありました。



ここに物産館、並びに海鮮食堂があります。

さてお天気ですが、高松駅では雨はあがったものの、どんよりとした曇り空でした。
ここに到着した時もそうだったのですが、私たちが写真を撮り始めると、なんと、お日様が顔を出し、晴れ間が・・・!

お〜〜! やっぱし俺は晴れ男だ! とまず自慢!


少し周りを紹介すると、この物産館の更に裏には広い公園があります。





ここには何故か電車が展示してあります。


そして最高級石材である 「庵治石」 で作られたというモニュメントがいくつも点在します。






全体の配置図はこの様になっています。



さて、店内に入ってみましょう。




ここは単なる道の駅というより、観光地の土産物センターといった感じで、広いし、商品がとっても充実しています。






で、肝心のスタンプ帳やスタンプが見当たりません。
お店の人に聞こうと思うのだけど、とにかくレジが混雑していて近づけません!

仕方なく、ガムを1個かってレジに並び、お金を払いながら尋ねました。
そしたらカウンターの下からスタンプ帳を出してくれたのですが、“タダ”とのこと。
四国は気前が良いのですね!

で、更に肝心のスタンプは・・・・・
「すみません、今壊れていて修理に出しているのです・・・・」 えぇぇぇ・・・!

「とりあえず事務所で他のを押しておきますので・・・・・!」
と、押してもらったのがこれ・・・・



これって、スタンプラリー有効なの??
最初から波乱のスタート!



香川県