香川県
地域 四国
都道府県 香川県
道の駅名称  津田の松原
  (つだのまつばら)
住所  香川県さぬき市津田町津田103-3
電話番号  0879-42-5520
No.  香川02
MAPコード  
■初めての訪問日 2009-7-26
■地図リンク 地図を表示します
■関連リンク先 道の駅津田の松原

四国の2か所目は、同じ国道11号線沿いで、距離にして11kmほど離れた
道の駅津田の松原 です。



津田町は江戸時代から年貢米の積出港であった津田港を中心に栄えた町です。
そして、ここには道の駅の看板とともに、こんな看板があります。





香川県立の “琴林公園(きんりんこうえん)” です。

琴林公園の名前は、松林を吹き抜ける風音がまるで琴を奏でるように聞こえることから名づけられたそうですが、一般には“津田の松原” と言います。
これが、道の駅の名前なんですね!

ですから、駐車場のまわりもぐるりと松林です。




道の駅の建物は国道に面した場所にありますが、あまり大きくなく、こじんまりしています。




店内に入ると、レジのおばさんがいきなり声をかけてきました。
「スタンプは、そこにあるよ!」

えっ!どうしてわかったの?

あっ、そ〜か、手にスタンプ帳を持ってたんだ!
多分、この手の客はスタンプだけ押して何も買わずに立ち去る客と見抜いたのでしょう!
鋭い!






店の外に、見覚えのあるものが・・・・・



これは以前 “瀬戸大橋記念公園” で見かけた 「親切な青鬼くん」 ではないですか!
座っている台座に 「観光客に親切に」 って書いてありますよ!


さて、折角来たので津田の松原を見てみることにしました。
駐車場の奥から入って行くのですが、入り口に全体の案内板があります。



ずいぶんと広大な公園です。

すぐ横に 「石清水神社」 というのがあり、その別当常楽寺の僧が600年前に防風林として松を植えたのが始まりだそうですが、現在は3000本の松林が広がり、白砂の自然海岸とともに青松白砂のレクレーション基地になっています。

ここでは海水浴やボートセイリングはもちろん、ビーチバレーフェスティバルや手作りカヌー大会なども毎年開催されます。

また、根元の砂が削られ、あたかも根が浮き上がったような 「根あがり松」 が有名です。





ここへ到着した時点では、最初の写真でお分かりのように空は再び曇っていて、地面は濡れていますね。

でも、またしてもこの道の駅にいる間に太陽が顔を出し、上の2枚の写真でははっきり “影” が写っています。

これで、私ははっきり “晴男” としての神通力がある、と確信したのです!




香川県